ブログ初心者のおすすめサーバーは?作業時間や費用で決めてみよう

レンタルサーバー初心者おすすめ
お悩み人
ワードプレスでブログを始めたいけど、初心者におすすめのレンタルサーバーってどこがいいの?会社めっちゃあるし、わけがわからない。。。

僕もブログを始める時に悩んだ一人でございます。

レンタルサーバーを選ぶとなると、プランによって費用も違ってきたりもします。

このページではレンタルサーバーを比較してブログの始め方、記事後半にブログを始めてアクセス数の増やし方、ブログで月1万円を目指す内容も一緒に紹介していますので参考になればと思います。

はじめに:レンタルサーバーはたくさんあります

僕の感想になりますが、別サイトを作ろうと思って「○○サーバー」と調べてみました。

調べた結果、

いぐねこ
比較はあるけど正直なにがどのようにいいのか全くわからない。

詳しく書いているけど、中上級者が分かる内容、初心者が分かる内容の記事がものすごく混在しています。

情報もいっぱいあるし悩みが解決できなく迷ってしまうのが本音、ものすごく性能がよくても値段が高いと選ぶ決め手にもならないですよね。

そこで「ある程度の性能、費用、聞いたことがある名前、サポート、口コミ」などが残るように思います。

月額1,000円前後のサーバーがおすすめと言われても、月額500円のサーバーがあるのも事実。

わからないところから始める」ので、費用面で考えるとしっくりくると思います。

ブログを始めて1ヶ月後に収入があるわけでもありません。とても時間がかかります。

1年後の未来を考えながら選んでいくのがおすすめです。

サーバー費用や作業時間で考えてみるブログの始め方

格安サーバー スピード・安定重視
収入 0円~??? 0円~???
月額(1年間の利用料金) 550円(6,600円) 1,100(13,200円)
サーバー代だけの収支 -550円(-6,600円) -1,100(-13,200円)
  • 稼げるかわからいけどブログに挑戦してみたい
    (格安サーバー、月額1,000円前後のプラン)
  • アクセスもたくさんあるサイトを絶対目指す
    (月額1,000円前後のプラン)

作業時間、取り組み方、考え方」など人によって当然違いますよね。

ブログで稼ぐとなるとビジネスになるので、努力しても結果が出ない可能性もあるし諦めることもあります。

サーバー費用を考えても、これだけの差があるんです。

比較しながらブログサーバーを選んでみよう

比較内容
  • 初期費用、月額、1年間の利用料金
  • ディスク容量、転送量、マルチドメイン
  • サポート内容
比較表とWordPressを簡単インストールできるサーバー各社を選んでみました。

まずは開業するイメージを持って、第一歩としてサーバーを選んでみましょう。

格安サーバーや月額1,000円前後でワードプレスを使えるプランで比較していこうと思います。

初期費用や1年間の利用料について

初期費用が発生するサーバーや無料のサーバーもあります。

初期費用はキャンペーンで無料になる時もあります。

契約期間で月額費用も安くなるので、ずっとブログを頑張ろうと思う方は「長期契約るとお得です。

ディスク容量ってなんだ?

  • ディスク容量とは、サーバー内のハードディスク容量のことです。
  • 僕の個人ブログでも80記事で760MBくらいです。

個人サイトでディスク容量100GBもあれば、とくに気にしなくてよさそうです。

転送量ってなんだ?

  • ウェブサイトにアクセスされた時に、サーバーからユーザーに送られる文字、画像、動画などのデータ量のこと。
  • アクセス数が多いほど転送量も増えていきます。

例えば、
1ページのサイズが1MB、1日に10,000アクセスがあった場合は10,000MB(10GB)です。

1日に10GBの転送量があるので、10GBより大きいプランを選択すると大丈夫です。

ブログが成長し、アクセス数が増えた場合などはちょっと注意しないといけないかもです。

マルチドメインってなんだ?

  • 1つのサーバー契約で複数のドメインを設定できます。
  • ウェブサイトも複数運営できます。
  • 容量が決まっているので、分割しながら使っていくイメージです。

50個、100個、無制限とプランによってさまざまです。

容量が余っていて、たくさんのサイト運営したい場合などは便利。

サーバーに問題が発生すると、全部のサイトに影響が発生する可能性もあるのでちょっと怖いです。

格安ブログサーバーからWordPressを始める

メール機能とWordPressを簡単インストールできる最も安いプランで比較しています。

ロリポップ スターサーバー さくらの
レンタルサーバー
比較プラン ライト ライト スタンダード
初期費用 1,650円 1,650円 1,048円
1年利用料金 3,300円
(月275円)
3,300円
(月275円)
5,238円
(月524円)
お試し期間 10日 2週間 2週間
ディスク容量 100GB 100GB 100GB
転送量/日(月) 100GB/日 200GB/日 700GB/日
マルチドメイン 100個 50個 200個
バックアップ ×(別途) 記載なし
サポート メール(24時間)
チャット(平日・土日)
メール 電話(平日)
メール(24時間)
チャット(平日)
公式サイト ロリポップ! スターサーバー さくらの
レンタルサーバ
WordPress
簡単インストール内容
ロリポップ
簡単インストール
スターサーバー
簡単インストール
さくら
簡単インストール

各社とも公式サイトでプラン比較表やワードプレス簡単インストールの紹介もあり、とてもわかりやすいので初心者でも迷わないと思います。

とにかく安く始めたい場合などにおすすめです。

別記事で「ロリポップでWordPressブログ作り方」を紹介していますので参考にしてみて下さい。

ブログの作業時間で決めてみる

頻繁に問題発生しないし、公式サイトのQ&Aでもわからない内容を確認することもできます。

それでも問い合わせしたい時もあるし、僕も何度かエラー発生したことがあります。

  • メール・チャットで解決できる場合はロリポップ
    (電話有プランは月550円)
  • メールで解決できる場合はスターサーバー
    (メール対応だけ)
  • 電話したい時はさくらのレンタルサーバー

平日休みの場合は電話できるけど、夜や土日に作業すると電話できないしメールかチャットで問い合わせ。

メールの場合だとすぐに返信はないと思うし、作業環境って人それぞれ違いますよね?

土日でもチャットができる「ロリポップ!」がおすすめです。

格安サーバーのいいところ

僕は最初、格安の「ロリポップライトプラン」からブログを始めました。

ブログを始めると当然0からのスタート、努力次第で未来は変わります。

僕は、ワードプレスも使ったことがなく、ブログを頑張ってはじめようと思っても1年後どうなるかもわかりませんでした。

実際、本業が忙しくブログ記事を書けない期間もあったし、安いプランで始めてよかったと思います。

格安サーバーは「とりあえず始めてみよう」「できるだけ安くしたい」などの方におすすめです。

初心者におすすめ!有名ブロガーさんも使うブログサーバーでWordPressを始める

メール機能とWordPressを簡単インストールできる最も安いプランで比較しています。

カラフルボックス ConoHa WING mixhost エックス
サーバー
比較プラン BOX1 ベーシック スタンダード X10
初期費用 無料
(3ヶ月以上)
無料 無料 3,000円
1年利用料 7,656円
(月638円)
11,292円
(月941円)
12,936円
(月1,078円)
13,200円
(月1,100円)
お試し期間 30日 なし 30日間
返金保証
10日
ディスク容量 150GB 300GB 250GB 300GB
転送量/日(月) 6TB/(月) 27TB/(月) 18TB/(月) 900GB/日
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限
バックアップ ○(14日分) ○(14日分) ○(14日分) ○(14日分)
サポート 電話(24時間)
技術的なことは
メールのみ
メール(24時間)
チャット(平日)
電話(平日)
(10時~18時)
メール(24時間)
チャット(平日)
メール(24時間) 電話(平日)
(10時~18時)
メール(24時間)
公式サイト カラフルボックス ConoHa WING mixhost エックスサーバー

※キャンペーンなどで料金は異なりますので公式サイトでご確認ください。

各社とも公式サイトでプラン比較表やワードプレス簡単インストールの紹介もあり、とてもわかりやすいです。

などがよさそうに思います。

各社の公式サイトでも使っている方の意見もたくさんあるので、確認しながらレンタルサーバー選びをしてみるのもおすすめです。

ブログを諦めない方におすすめ

「ブログを絶対継続していこう」と思う場合は、初期から性能重視が良いと思います。

格安サーバーと違って途中で諦めると費用がもったいないので、無料期間でWordPressを使ってみて慣れるのがおすすめです。

格安サーバーからはじめて「ブログってこんな感じかな?これなら継続できそうだな」と思った場合などにも検討してみるのも良いかなと思います。

WordPressテーマも先に検討しておこう

テーマはブログの見た目やデザインが設定でき、無料有料のテーマがあります。

数記事作成してテーマを切り替えると、不具合が生じたりする可能性があるので先に決めておくのがおすすめです。

はじめに有料テーマを採用すると、ある程度デザインが決まっているので記事に集中できます。

後でカスタマイズすることもできるので、有料テーマを採用するのがおすすめです

有料テーマおすすめ
  • STORK19
    とにかく記事作成に集中できるので初心者におすすめ
  • THE THOR
    集客・収益にこだわったテーマですが最初は操作が難しいかもです

有料テーマは色々あるので、気にいったデザインではじめてください。

僕は、有料テーマのSTORK19と別サイトで【THE THOR(ザ・トール)】を使っています。

別記事で「ストーク19の感想」を紹介しているので参考にしてみて下さい。

初心者でも頑張ってブログを収益化

アクセス数も大事だし、楽に稼げないけど努力次第で収入も発生します。

自分の得意分野を見つけしっかり記事を書いて、収益化できるなら当然目指していきたいところですよね。

最初は孤独になるかもしれないけど、そこを乗り越えると徐々に売上も発生しました。

最初はアクセス数を集めるのに苦労するかもしれませんが、僕もブログ初心者から始めていろいろ苦労したことなどを紹介しています。

【読んで頂きたい記事5つ】

まずは数記事書いてグーグルアドセンス審査

グーグルアドセンスは広告をクリックされると収入が発生します。

数記事書かないと審査も合格しないので、まずはブログのモチベーションとして審査合格を目指していくのが良いと思います。

ただ、すごくアクセス数がないと稼げないのがデメリットです。

1万PV程度で2,000~3,000円程度です。

8,000円になれば振り込まれるので、ブログを始めて数ケ月間は収入もないです。

広告を自分で「自己クリック」すると、広告も停止されるので注意が必要です。

アフィリエイトも始めてみる

すごく稼ぎたい場合は、得意分野を見つけてアフィリエイトがおすすめです。

ある程度アクセス数がないと稼ぐのは難しいですが、努力すると収入も発生します。

ASP公式サイト 金融機関 最低支払額 手数料 支払い時期
(成果確定後)
備考
A8.net ゆうちょ銀行
三井住友銀行
任意の金融機関
1,000円
5,000円
から選択
金融機関により
手数料が異なる
確認はこちらから
翌々月15日 広告ジャンルも多く
ブログをはじめたらまずは登録。
もしもアフィリエイト 住信SBIネット銀行 1円から 無料 翌々月末 W報酬制度あり。
かんたんリンクもあるので
初心者からはじめやすい。
任意の金融機関 1,000円から
アクセストレード 任意の金融機関 1,000円から 無料 翌々月15日 広告ジャンルも多く
初心者からはじめやすい。
バリューコマース 任意の金融機関 1,000円から 無料 翌々月15日 Yahoo!、楽天、amazonが利用でき
初心者からはじめやすい。
タウンライフアフィリエイト 任意の金融機関 3,000円から 無料 翌月25日 住宅、不動産など
高額自社案件あり。

登録も無料なので、得意ジャンルの広告がある場合は収益化できるのでチェックしときましょう。

狙うキーワードのチェックも行う

例えば「ブログ 始め方」の内容で記事を書いて、タイトルが「ブログって難しい

そうなっていると、数ケ月間待っても検索されない結果となり、悲しい気持ちになってしまいます。

タイトルに狙うキーワード「ブログ 始め方」を入れないと検索表示してくれません。

記事を書いても修正しながら育てていかないといけないので、キーワードの順位チェックもとても大事になります。

検索順位チェックツールをうまく活用

ブログを始めたばかりの方は複雑な解析ツールより、キーワードだけ簡単にチェックできる『順一くん』などがおすすめです。

僕も使っています。

キーワード順位月間検索数グラフなど、パソコンやスマホからいつでも確認できるのですごく便利です。

インストールする必要もなく登録も簡単、すぐ使うことができます

有料になりますが、月550円(税込)で50個までキーワードをチェックできます。

使い方など「順一くんの使い方は3つだけ」で記事にして紹介しているので参考にしてみて下さい。

その他導入すると便利なツール

記事を書いてもグーグルに登録されていない時もあり、どんなキーワードで検索されているのかわかるツールもあります。

無料で登録できるので絶対登録しておきましょう。

さいごに:ブログ初心者におすすめなサーバー選び

レンタルサーバー選び、WordPressの始め方についての紹介になりました。

レンタルサーバーは性能だけを各社確認しても「○○では自社がNo1」の表記もあるので、使い方や費用面など、人それぞれ違ってくると思います。

  • 初期費用、月額、1年間の利用料金
  • 性能など
  • サポート体制など

サーバー代やワードプレステーマ費用など、最初は出ていくお金が発生するので費用面でプランを決めるのも有だと思います。

いぐねこ
最後まで読んで頂きありがとうございました。