【Catchy】AIが文章作成サポート|仕事・ブログ・SNSに便利なツールです

Catchy AIが文章作成
お悩み人

文章作成したいけど、なかなか思いつかないな。
Catchyキャッチー文章作成できるみたいだけど、どんなことができるのかな。

文章がスラスラ書けると悩みはないけど、仕事やブログやSNSをしていると「どのように書こうか」悩んでしまいます。

このようなお悩みに参考になる記事を書きました。

いぐねこ

僕はAIで文章作成できるCatchyキャッチーを使っているので解説しますね。
用途ごとでいろいろ使えるので便利ですよ。

この記事でわかること

Catchyとは

Catchyできること

Catchyメリット

Catchyデメリット

Catchyの料金プラン

使った感想

考えれば考えるほど悩んでしまい、時間だけが過ぎていた経験はないでしょうか。

このようなときに「Catchyキャッチー」はキーワードを入力するだけで、AIが文章作成してくれるので、考える時間の削減ができます。

この記事では「Catchyキャッチー」の特徴や有効活用できる内容、使った感想などをご紹介しています。

10クレジットまで無料
ますはお試しから

CatchyとはAIによる文章作成サポートツールです

Catchyキャッチー

Catchy100種類以上の生成ツール

シチュエーションよって

Catchy仕事に

仕事に

CatchyブログやSNSに

ブログ・SNSに

CatchyYouTubeに

YouTube企画に

Catchyプライベートに

プライベートに

Catchy」は、キーワードを入力するとAI(人工知能)が自動で、コピーライティングを行ってくれるツールになります。

テキスト生成には、GPT-3を搭載したAIシステムが採用されています。

GPT-3は、イーロンマスクなど著名な投資家たちによって2015年にサンフランシスコで設立された人工知能研究所OpenAIが開発している自然言語処理システムです。

引用元:Catchy公式サイト
Catchyはこのような方にオススメです
  • 文章作成に時間がかかっている方
  • 文章作成ツールをお探しの方
  • 仕事で広告/宣伝担当の方
  • YouTube企画を考えたい方
  • ブログ初心者やSNSをよく使う方
  • アイデアを考えたい方

100種類以上の生成ツールから、用途に応じてAIが文章作成をサポートしてくれます。

Catchyを使うことで例えば、
広告のキャッチコピーやテキスト作成にかかる時間」の削減も可能。

仕事・ブログ・SNS・プライベート」などに、文章作成をサポートしてくれるので、文章作成が苦手な方にオススメしたいツールです。

AIが文章作成!Catchyでできること4つご紹介

Web上の画面から、考えたいことを入力していくと、文章の作成ができます。

Catchyでできることがこちらです。

Catchyキャッチー
できること

生成ツール
100種類以上

②記事制作

③YouTube企画

④事業計画

メインは生成ツールになるけど、②記事制作③YouTube企画④事業計画がまとめて作成できる機能もあります。

それではできること4つご紹介していきますね。

10クレジットまで無料
ますはお試しから

①生成ツール

Catchy生成ツール
生成ツール

生成ツールは用途に応じて文章作成ができ、100種類を超えるアウトプットパターンがあります。

生成ツールでできることがこちらです。(クリックで開閉できます)

生成ツール
  • 商品説明文
  • キャッチコピー(短め)
  • キャッチコピー(長め)
  • LP 用キャッチコピー
  • イベント用キャッチコピー
  • キャッチコピー(比喩)
  • 文章をリライト
  • マイクロキャッチコピー
  • HikakinTVっぽいYouTube企画(β版)
  • コムドットっぽいYouTube企画(β版)
  • 東海オンエアっぽいYouTube企画(β版)
  • はじめしゃちょーっぽいYouTube企画
  • スカイピースっぽいYouTube企画(β版)
  • フィッシャーズっぽいYouTube企画(β版)
  • くれいじーまぐねっとっぽいYouTube企画(β版)
  • PDSっぽいYouTube企画(β版)
  • なこなこチャンネルっぽいYouTube企画(β版)
  • YouTube動画のアイデア
  • YouTube動画のディスクリプション
  • クレイジーな YouTube 企画案
  • YouTube 動画のタイトル
  • YouTube 動画のアウトライン
  • YouTube 動画のスクリプト
  • YouTube コラボ動画の企画案
  • AI で画像生成するテキストを作成
  • ターゲット像を鮮明にする
  • ユーザーの疑問
  • ユーザーの声
  • AIDA モデル
  • ユーザーの課題と解決策(サービス編)
  • 4P モデル
  • サービスのサブタイトル
  • 箇条書きでサービスを説明
  • ユーザーの目を引く文章
  • メルマガの本文
  • メルマガのタイトル
  • バズアイデア
  • バリュープロポジション
  • ターゲットの課題
  • サービスリリースの案内文
  • 機能を価値に変換
  • プレスリリースのたたき
  • セミナーのネタ
  • 商品説明文
  • CTA(読者への行動喚起)
  • Google 用のタイトル
  • Google 広告のディスクリプション
  • Facebook 広告のタイトル
  • Facebook 広告のリンク説明文
  • Facebook 広告のメインテキスト
  • Twitter 広告のキャッチコピー
  • ユーザーの目を引く文章
  • 記事のアイデア
  • WEB サイトのメタディスクリプション
  • 箇条書きでサービスを説明
  • ユーザーの目を引く文章
  • インタビューの質問アイディア
  • 記事タイトル(トピックをもとに作成)
  • 記事のタイトル(リスト記事)
  • 記事の目次
  • 記事の目次(リスト記事)
  • 記事の導入文
  • 記事の結論
  • 文章をリライト
  • 要点から文章を膨らませる
  • 短文を長文に
  • 難しい話をわかりやすく説明
  • キーワードから文章を生成
  • プレスリリースのたたき
  • 記事の本文(全体)
  • サービスのピボットアイデア
  • 潜在ユーザーが抱える課題
  • マーケティング戦略
  • 課題から作る新規事業
  • 新規事業のサービス名
  • サービスのミッション
  • サービスの提供価値
  • 関連ワードを見つける
  • キーワードから作る新規事業
  • 問題をベースにしたストーリー
  • サービスのサブタイトル
  • TikTok 動画のアイデア
  • 王道少年漫画の悪役の設定
  • 二者の共通点を探す
  • 難しい話をわかりやすく説明
  • 会社名のアイデア
  • サービスのミッション
  • サービスの提供価値
  • バリュープロポジション
  • ターゲットの課題
  • セミナーのネタ
  • 楽曲名のアイデア
  • 歌詞のセンテンスアイデア
  • ヒラメキのヒント
  • なぜなぜ分析( 5 回のなぜ)
  • 会社の魅力
  • 企業のビジョン
  • 企業のミッション
  • 企業のバリュー
  • 企業のキャッチコピー
  • ユーザーの声
  • CTA(読者への行動喚起)
  • WEB サイトのメタディスクリプション
  • サービスのサブタイトル
  • 箇条書きでサービスを説明
  • ユーザーの目を引く文章
  • 難しい話をわかりやすく説明
  • 反対意見を述べる
  • 期待を持たせる言葉
  • 文章をリライト
  • 要点から文章を膨らませる
  • 短文を長文に
  • キーワードから文章を生成
  • どうしても忘れられない元カレ・元カノに送る LINE
  • 10 年ぶりに送る LINE
  • 相手をピリつかせないお願いメッセージ
  • 怒られたときに使いたい謝罪 LINE
  • 既読無視してきた相手に送る LINE
  • 遅刻の連絡
  • どうしてもお金を借りたいときに送る LINE
  • マッチングアプリで最初に送るメッセージ
  • TikTok 動画のアイデア
  • ハッシュタグ生成
  • SNS でユーザーの目を引く見出し
  • Instagram の投稿文
  • ユーザーの興味を引くメール件名
  • サービスのオファーメッセージ
  • 社歌
  • ユーザーへのお礼メール
  • ユーザーへの確認メール
  • ユーザーへのキャンセルメール
  • サービスリリースの案内文
  • 謝罪文
  • 断る文章
  • 気の利いたLINEの返信
  • 相手の行動から褒める言葉
  • 誕生日メッセージ
  • ラブレター
  • 【いい夫婦の日】感謝を伝える
  • 本の帯
  • 小説の導入文
  • 小説の概要(アウトライン)
  • 王道少年漫画の主人公の設定
  • 王道少年漫画の悪役の設定
  • 自己紹介文
  • 自己PR
  • 私を一言で言うと(就職用)
  • 質問に答える
  • 仕事の相談
  • 私なら、こうする(意見)
  • 旅行に誘う
  • 観光客を誘致する(宿泊施設編)
  • 観光客を誘致する(自治体編)
  • ユーザーの声の加筆
  • リスト記事のアイデア
  • ユーザーへのウェルカムメール
  • ユーザーへのフォローアップメール
  • 動画を見てもらうための言葉
  • サービスのモットー
  • サービスのターゲットユーザー
  • BAB モデル
  • FAB モデル
  • QUEST モデル
  • 相手のパーソナリティから褒める言葉
  • クレイジーな YouTube 企画案(家でできる系)
  • 気軽な同窓会のお誘い LINE
  • 喧嘩した相手と仲直りしたくて送る LINE
  • 【いい夫婦の日】感謝を伝える

参考:文章作成の「要点から文章を膨らませる」から作成

例えば「最初からブログ収益化は難しいけど、継続すると収益発生してブログが楽しくなります」と文章を膨らませたいと悩んでいる場合。

Catchyで伝えたいことを入力するだけです。

Catchy文章作成例
入力画面

入力すると文章作成してくれます。

Catchy文章作成例
作成された文章

280文字ほど文章を膨らませてくれたのですごいですよね。

②記事制作

Catchy記事制作
記事制作入力画面

記事制作は、入力していくと記事が完成するような仕組みになっています。

無料登録10クレジットもらえるので、どんな内容ができるか確認することもできます。

作り方

作り方はこのような流れになります。

STEP

タイトル作成
(1クレジット)

STEP

導入文作成
(2クレジット)

STEP

見出し作成
(1クレジット)

STEP

本文作成
(4クレジット)

合計8クレジットで記事制作ができました。

数分で1000文字前後の文章が作成できます。

納得できる文章が作成できるわけではないですが、参考にしたり内容を付け加えたりは必要です。

記事制作をしてみた結果

試しに「ブログ収益化難しい」で記事作成してみました。

STEP

タイトルを入力

タイトルが作成されるので選択できます。

Catchy記事制作例
タイトル選択
STEP

何について書きたいかを入力

書きたいことを入力していくと、導入文が作成されるので選択できます。

Catchy記事制作例
導入文選択
STEP

見出しの作成

導入文を選択すると見出しが作成されます。

Catchy記事制作例
見出し選択
STEP

本文作成

最後に作成するを選択すると本文の完成です。

Catchy記事制作例
本文完成

選択した内容で文章作成ができました。

制作した感想として

僕はブログ経験がもうすぐ5年になるけど、そのままブログ記事で使おうと思うと、物足らないと思ったのが正直な感想です。

内容を付け加えたり、参考程度に「どんな記事ができるか」確認したい場合にオススメです。

③YouTube企画

CatchyYouTube企画
YouTube企画

僕はYouTubeしていないけど、YouTubeしている方にはオススメの機能です。

こちらも無料登録10クレジットもらえるので、どんな企画ができるか確認することもできます。

作り方

作り方はこのような流れになります。

STEP

タイトル作成
(1クレジット)

STEP

アウトライン作成
(1クレジット)

STEP

スクリプト作成
(5クレジット)

STEP

説明文作成
(1クレジット)

合計8クレジットでYouTube企画ができました。

企画をしてみた結果

試しに「ブログを始めたいかた向けにブログの楽しさを伝える動画」を企画してみました。

STEP

タイトル作成

タイトルが作成されるので、選択できます。

CatchyでYouTube企画の例
タイトル選択
STEP

アウトライン作成

CatchyでYouTube企画の例
アウトライン作成
STEP

スクリプト作成

CatchyでYouTube企画の例
スクリプト作成
STEP

説明文作成

CatchyでYouTube企画の例
説明文完成

このような企画が作成できました。

企画した感想として

僕はYouTubeしたことがないので評価は難しいけど「台本があれば」始めやすいですよね。

文章作成としては、それなりにできている内容でした。

④事業計画

Catchy事業計画
事業計画

新規事業の計画ができるので、計画してみたい方にオススメです。

こちらも無料登録10クレジットもらえるので、どんな計画ができるか確認することもできます。

作り方

作り方はこのような流れになります。

STEP

課題
(1クレジット)

STEP

解決策
(1クレジット)

STEP

サービス名
(1クレジット)

STEP

マーケティング
(3クレジット)

合計6クレジットで事業計画ができました。

事業計画してみた結果

僕は個人事業主なので、新規事業を始める場合を想定してみました。

内容は仕事にしている「建築構造設計」について計画。

STEP

課題

Catchy事業計画の例
課題選択
STEP

解決策

Catchy事業計画の例
解決策選択
STEP

サービス名

Catchy事業計画の例
サービス名選択
STEP

マーケティング

Catchy事業計画の例
マーケティング内容

このような計画が作成できました。

計画した感想として

課題からマーケティングまで計画できるので、使ってみると良かったです。

いくつかアイデアを入力しながら、これからも使ってみたいと思える内容でした。

Catchyを使ってみて感じたメリット6つ

Catchyを使って感じたメリットがこちらです。

メリット
6つ

文章作成できる

参考にできる

無料登録で数回使える

PC・スマホから使える

プロジェクト保存できる

思いついたらすぐ使える

登録すると10クレジットまで無料なので、試しにどんなツールなのか使えたところが良かったです。

  • 文章作成できる
    • 導入前:考えるので時間が経過してしまう。
    • 導入後:入力すると文章作成でき時間削減。
  • 参考にできる
    • 導入前:自分で考えた文章に自信がない。
    • 導入後:参考にしながら自分で作成した内容を修正。
  • 無料登録で数回使える
    • 10クレジットまで無料
  • PC・スマホから使えるので外出先でもOK
  • 思いついたらその都度入力し保存ができる
    (シェア、コピー、保存機能あり)

もっと使ってみたかったので、現在は有料プランを使っています。

Catchyを使ってみて感じたデメリット4つ

Catchyを使って感じたデメリットがこちらです。

デメリット
4つ

無料だと全ての生成ツールが使えない
100種類以上あるので

クレジット消費がわかりづらい
※作成しないとクレジット消費がわからない

修正したい場合はクレジット消費される
※間違って戻り、再入力するとクレジット消費される

有料プランの支払いはクレジットカードのみ

生成ツールを使うと「クレジット」が消費されていきます。

無料登録すると10クレジットもらえます。

  • 1クレジットの生成ツールを使うと、10回利用できます。
  • てが1クレジット利用できないので、わかりにくいのがデメリットです。

100、200、300クレジットの購入はできるけど、本格的に使いたい場合は無制限プランにする必要があります。

10クレジットまで無料
ますはお試しから

Catchyは無料と有料プランがあります

Catchyは無料登録すると、すぐに使うことができます。

料金プランがこちらです。

Catchyの月額プラン
  • Free 10クレジットまで無料
  • Starter
    • 毎月100クレジット
      3,300円(税込)/月
    • 毎月200クレジット
      5,700円(税込)/月
    • 毎月300クレジット
      8,910円(税込)/月
    • 単発購入もできます
  • Pro
    • 月無制限
      9,800円(税込)/月
    • 年額払いにすると20%OFF
      総額103,488円(税込)
      7,840円(税込)/月
  • Enterprise(法人での利用)  
    お問い合わせが必要

僕は使う時だけ単発購入して利用しています

プランまとめ
  • Freeお試しで使ってみたい
  • Starter or 単発購入一部の生成ツールを使ってみたい
  • Pro:本格的に使ってみたい
  • Enterprise:法人での利用

いろいろ使ってみたい場合は、クレジット消費するので無制限プランの方がクレジット消費が気にならないのでオススメです。

Google・Facebookアカウントで利用可能

無料登録はGoogleまたはFacebookアカウントが利用可能です。

登録画面

Catchy会員登録

ログイン画面

Catchy会員登録

アカウントがあれば面倒な入力をしなくてよいので、すぐにお試しできます。

10クレジットまで無料
ますはお試しから

1ヶ月使った感想は「文章の参考」になるので便利です

昔に比べて、さまざまな場面で文章作成しますよね。

僕の場合だと
  • 仕事のメールどうやって返信しようかな
  • 仕事資料の文章どうしようかな
  • ブログの文章がなかなか思いつかないな
  • SNSで書くことですごく悩むな

このような時に「Catchy」を使って、文章の参考にしています。

文章作成が苦手な方でも、参考にできる文章があると助かりますよね。

導入してからは、仕事やプライベートに使えるので便利なツールです。

Catchy」を導入
仕事やプライベートに

Catchy仕事の書類やメールに

仕事の書類
メールに

書類やメールの
文章作成

CatchyブログやSNSに

ブログ
SNSに

ブログやSNSの
文章作成

納得いく文章が100%作成できるわけではないですが、考えてくれる仲間が増えました。

参考:Catchyの使い方

  • 自分でも考えながら文章を書く
  • AIが作成した内容確認
  • アイデアも広がってくる

完全にAIに任せて使うと、ライティングスキルはアップしないので、サポートツールとしての利用がオススメです。

さいごに:AIが文章作成!補助ツールとして便利

Catchy」は100種類以上の生成ツールが使えるので、仕事、ブログ、YouTube、SNS、プライベートに役立つツールです。

  • キーワード入力でテキスト作成
  • キーワード入力でキャッチコピー
  • キーワード入力でアイデアや気づきの発見

Catchy
できること

生成ツール
100種類以上

②記事制作

③YouTube企画

④事業計画

無料でお試しでき簡単に使えるので、ぜひ体験してみてくださいね。

10クレジットまで無料
ますはお試しから

いぐねこ

最後まで読んでいただきありがとうございました。