【初心者向け】STORK19でサイト型トップページの作り方

お悩み人

ストーク19でトップページをサイト型にしたいけど、どうしたらいいのかな?

このようなお悩みに参考になる記事を書きました。

いぐねこ

僕もサイト型に挑戦してみたので、作成した内容をご紹介しますね。

この記事にオススメのかた
  • トップページをサイト型にしたいな
  • 作り方が知りたいな

僕は雑記ブログを運営しているのですが、記事数が増えてくるとどんな記事があるのか、わかりにくいと思いサイト型に変更しました。

劇的にPV数が増えたということではないですが、サイト型に変更し若干増えました。

サイト型に変更すると、記事もわかりやすくなるのでオススメです。

これから作成しようと思う方の参考になればと思います。

この記事を書いた人
イグネコブログ執筆者
いぐねこ
  • 会社員から個人事業主になりました
  • 仕事をしながらブログも書いています
  • 68記事で月間1万PV達成
  • ブログ収入月最高で6桁達成

STORK19でトップページをサイト型に

これといってオシャレなサイトではないですが、僕が作ってみたサイトがこちらです。

作成したトップページ全体はこちらから確認できます。

STORK19サイト型

トップページをブログ型からサイト型にすることによって、どんなことを書いているのかわかりやすくなりました。

サイト型のメリット
  • カテゴリがわかりやすくなった
  • 興味があることを見つけてもらいやすい
  • ブログっぽくないデザインになった
  • 読んでもらえる記事も増えた
  • ブログのモチベーションUP

100記事を超えて、サイト型に変更するとこのようなメリットがありました。

逆に記事数がない場合だと寂しい印象があるので、ある程度記事数が増えて変更するのがオススメです。

STORK19の公式サイトで
デモサイトも確認できます

トップページをサイト型にするデメリット

サイト型にするデメリットのご紹介です。

サイト型デメリット
  • デザインを決めるのに時間がかかる
  • どれだけ記事数があるサイトかわからなくなる
  • 興味がない記事は読んでもらえない

僕はなんとなくサイト型にしてみようと開始しました。

保存しながらトップページが決まるまでに、多少時間はかかってしまいました。

STORK19でサイト型トップページの作り方

サイト型にするのもとくに難しくないので、時間があるときに作成してみましょう。

ブロックパターンがいくつも用意されているので、テキストや画像を変更するだけでも簡単に作成することができます。

サイトデザインはしたことないので、こんな僕でも簡単にできました。

デザインが決まらないときは、記事作成を忘れていろいろと作業してしまう恐れがあります。

記事を書いてのブログなので、忘れずに記事作成もしましょう。

WordPressの固定ページから新規作成

STORK19サイト型設定

WordPressの固定ページから、新規作成でサイト型ページを作成することができます。

白紙の状態なので、タイトルを決め保存しながら作業を進めていきましょう。

テンプレートで「フルワイド」を選択

STORK19サイト型設定

テンプレートは下記の4種類を選択できます。

  1. デフォルトテンプレート
  2. サイドバーなし(1カラム)
  3. ランディングページ
  4. フルワイド

フルワイド」を選択すると、画面いっぱいに作成することができます。

ブロックパターンなどで好きなように作成

STORK19サイト型設定

一から作成もできるし、ブロックパターンもいろいろあるので、好きなよう組み合わせて作成できます。

ブロックパターンで「テキスト・画像」を変更するだけでも、センスの良いトップページを作ることもできます。

ブログ型だと他サイトとの差別化が難しいです。

サイト型だと自分で決められるので、センスの良いデザインにすることもできます。

ホームページ表示を固定ページに変更

STORK19サイト型設定

デザインが決まると、WordPressの「表示設定」で変更できます。
(カスタマイズのホームページ設定でも変更できます)

ブログ型だと他サイトと似てしまうこともあるので、サイト型にするとブログ運営もまた楽しくなりますよね。

サイト型を作成するときに使った機能をご紹介

STORK19ブログ型
ブログ型から
STORK19サイト型
サイト型に

これといってオシャレなサイト型ではないですが、STORK19で使ってみたのがこちらです。

サイト型ページ作成

ブロックパターンから作成

  • カラムにオリジナル画像
  • 記事リスト
STORK19サイト型作成
  • カラムに記事リスト
  • ボタン
STORK19サイト型作成

ブロックもPC・タブレット、モバイルで表示したい内容も選ぶことができます。

オリジナル画像を作成すると、他サイトとも差別化できると思いますので、いろいろ試してみましょう。

ブロックパターンから作成

STORK19サイト型

ブロックからいろいろ選択して作成することもできるけど、背景をカテゴリごとに変更したい場合はブロックパターンを使うと便利です。

カテゴリ①

3カラムにオリジナル画像
(モバイルは横表示)

PC、モバイルでカラムを横表示にできます。

3カラムに記事リスト
(モバイルは縦表示)

記事リストは横表示だとモバイルで見えにくいので、縦表示すると見えやすくなります。

背景色を変更することもできます

カテゴリ②

記事リスト

記事リストも並べることができるので、どんな記事があるのかトップページでわかりやすくなります。

マイクロコピー
(吹き出し)

吹き出し

ボーダー

ボーダー
サイトカラー

ボタン

このような流れで、簡単に作成することができます。

ブロックの中は好きなように作成できるので、余白を調整しながらオシャレなサイトにしていきましょう。

デザインに困った時はフルワイドページで簡単に作成

STORK19では、ブロックパターンの中に「フルワイドページ」があります。

全体のデザインが決まっているので、あとはテキスト、画像、アイコンを変更するだけで、センスの良いデザインに仕上げることができます。

このようなデザインが用意されています。

SAMPLE TEXT

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,

Lorem Ipsum

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Lorem Ipsum

Headding text...

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Headding text...

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Headding text...

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Lorem Ipsum

記事リスト

8記事

Lorem Ipsum

name

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,

name

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,

name

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,

name

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,

Lorem Ipsum

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit,

さいごに:STORK19でトップページを作成してみよう

僕はSWELL、ザ・トールなど、WordPressテーマをいくつか使っているけど、STORK19でサイト型に挑戦したときが一番簡単でした。

ブロックエディタにも対応しているので、記事も書きやすく初心者にもオススメのテーマです。

STORK19
  • 価格:¥11,000(税込)
  • 1ライセンス
  • ブログ初心者からでも使いやすいテーマです

ブログ初心者の頃からSTORK19を使い、ミドルキーワードビックキーワードでトップ10入りしているキーワードもあります。

他テーマと比べてSEOでも劣っていないので、初心者の頃から楽しくブログ運営できています。

ストーク19を使った感想もご紹介していますので、テーマを決めるときの参考にしてみてください。

ストーク19レビュー
いぐねこ

最後まで読んでいただきありがとうございました。