【個人事業主】請求書用印鑑の作り方!起業準備から作っておきたい印鑑もご紹介

個人事業主請求書印鑑
いぐねこ
請求書、見積書用の印鑑って、どうやって作ったらいいのかな?

僕は起業する準備段階や必要になった時にぶつかったのが印鑑問題でした。

こんな方に読んでほしいです
イグネコブログ執筆者

このページでは、印鑑の種類やインターネットで簡単に作れる内容を紹介しています。

これから印鑑を作ろうと思う方のお役に立てればと思います。

請求書・見積書用に角印があると便利です

個人事業主請求書印鑑

個人事業主であれば会社実印、銀行印の印鑑は必要ないかもしれませんが請求書、見積書に
角印」があると便利だと感じました。

角印は四角いハンコなので、見たことがあるのではないでしょうか。

見積書、納品書、請求書、領収書などに押したり。

認印でも大丈夫だと思いますが、押印することが多い場合は持っておくのがおすすめです。

信頼度もアップ

元請様
個人でも印鑑を作られているんですか?

そう言ってもらえるこも増え好感を持たれるようにもなりました。

効力はないけど「費用をかけている、しっかりしている人」など印象を与えることもできます。

ポイント
  • 法人化しようと思う場合などは作っておきましょう。
  • 個人事業主でも持っていればやる気もアップ。

起業準備から作っておくと便利な印鑑

個人事業主印鑑セット

気がつくと色々揃えるようになりました。

個人用印鑑
  • 認印→開業届、青色申告承認など
  • 実印→融資を受ける時など
仕事用印鑑
  • 角印→見積書、請求書、納品書、領収書など
  • 住所印→封筒など
  • 会社実印
  • 銀行印

個人事業主なので会社実印銀行印などは必要ないかもしれませんが、会社みたいに見せることもできます。

きちんとされている人
と印象を持たれるので作ってみるのもおすすめです。

  • 会社実印は契約書などで使う時があるかもという理由で作りました。
  • 銀行印は口座開設する時に必要なのかな?と思って作ったのですが個人用でOKでした。
    (口座開設する銀行などに確認してみて下さい。)

個人事業主の開業準備に時間は重要!印鑑はネット注文すると便利です


僕は開業準備、融資、業務と3つを同時進行したので時間はとても重要でした。

融資を受ける時に、

いぐねこ
そういえば、実印がないぞ!

ということに気がつきました。

ネット注文のメリット
  • お店に行かなくてもいい。
  • デザインもきちんと確認できる
  • すぐに印鑑ができた

いろいろ準備していると。お店に行って印鑑を作る時間がもったいないですよね。

そんな時はネットを利用すると便利です。

ネットで注文
  • 認印、実印の種類も豊富
  • 会社印の種類も豊富
  • 注文するのも簡単

お店に行かなくても作れる

あらためてインターネットは便利だなと感じました。

仕事をしながら頭の中では実印を作らないと先に進まないとわかっていても、

お店にいく時間をつくる」のがなかなか難しかったりしますよね。

近くのお店を探し、いつできるか問い合わせ。

いぐねこ
今日は無理なのか~。

その点インターネットは注文日、出荷日、お届け日もわかります。

役所に印鑑登録する日を決めて、書類提出日の段取りがすぐできたので便利でした。

デザインもきちんと確認できる

インターネットで注文すると、

  1. 印材を選ぶ
  2. 印鑑のサイズを選ぶ
  3. 書体を選ぶ
  4. 彫刻名を記入
  5. デザイン確認の選択
  6. 決済方法
  7. 情報入力
  8. 注文の確認

選択するだけで大丈夫なので簡単に作れました。

メールでデザインのお知らせが届くので、デスクワークの合間に確認もできとても便利でした。

すぐに印鑑ができた

僕が実印ないと気づいた時は、融資の書類が送られてきた時でした。

いぐねこ
実印作ったことがないし、役所の印鑑登録ってすぐにできるのかな?

全て初体験だったので勉強になったことを今でも覚えています。

印鑑は注文して2日後に届きました。

1週間以内に必要な資料を揃えて提出したいと思っていたので、印鑑もすぐにでき、印鑑登録、印鑑証明もその日にできました。

心に余裕ができたので、会社の印鑑3本セットも一緒に作ってみました。

現在は角印が大活躍してくれています。

個人事業主の開業届は認印で提出できます


さぁ開業するぞ!と書類から準備しました。

開業届(クリックで拡大)開業届印鑑
青色申告承認申請書(クリックで拡大)青色申告承認印鑑

税務署に
「個人事業主の開業・廃業等届出書」
「所得税の青色申告承認申請書」

地方自治体に
「事業開始申告書」などを提出。

この時は認印が必要でした。

ポイント
  • 認印は必ず必要になってくるので、持ってない場合は作りましょう!
  • 持っているけど新しくする場合などで作るのもおすすめです。

融資をうける場合は実印が必要




事業を始めるとなにかと費用が必要になってきます。

  1. 開業時に設備を揃えないといけない場合など
  2. 事業を続けていくうえで運転資金がないといけない場合など

 

自己資金ではじめられたらいいけど、銀行から融資を受けたい場合もありますよね。

僕は自己資金で足りなかったので、日本政策金融公庫から融資を受けました。

借入申込書を書いて、面談をして、借用証書を書く時に個人の実印と印鑑証明が必要でした。

他にも不動産契約、ローン契約をする時には実印が必要です。

ポイント
  • 実印がないと書類作成がすすみません。
  • 実印を作って役所に印鑑登録をする手間が発生。
  • 実印がないとスムーズにいかないので、持っていない場合は作っておくのがおすすめです。

さいごに:個人事業主の印鑑は事前に準備しておこう

個人事業主になって印鑑はどんな時に必要かなどの紹介になりました。

僕は印鑑の準備不足があったので、書類作成がスムーズにいきませんでした。

個人事業主でも経営をしているので時間はとても重要です。

効率よく進むには「印鑑の準備」は必要だと思うので、これから起業される方、準備中の方に参考になればと思います。

その他必要になる物も別の記事で紹介しています。

いぐねこ
最後まで読んで頂きありがとうございました。