【文章チェック】文賢は「仕事・ブログ・SNS」に便利なツールです

文章チェックツール文賢
お悩み人

文章をチェックしたいけど、オススメのツールなにかないかな?

いぐねこ

僕は文賢(ブンケン)を使っているので、どんなことがチェックできるかご紹介しますね。

この記事でわかること

文賢とは?

文賢できること

文賢のメリット

文賢のデメリット

文賢の料金プラン

使った感想

仕事やプライベートで文章を作成しても、相手は全てチェックしてくれるわけではありません。

自分で目視・音読チェックはできるけど、見落としてしまうこともあります。

サポートツールを使うことで、チェックやアドバイスをしてくれるので、読みやすくわかりやすい文章を書くことを目指せることもできます。

自分の文章を
チェックしてみよう

文賢とは読みやすくわかりやすい文章を目指せるツールです

文賢(ブンケン)」は、読みやすくわかりやすい文章を書くことをクラウド上で、サポートしてくれるツールになります。

このような方にオススメです
  • 少しでも読みやすく、わかりやすい文章を書きたい方
  • 文章のチェックツールをお探しの
  • 校閲・推敲に時間がかかっている方
  • 文章表現や言い回しの引き出しを増やしたい方
  • 書類作成やメールのやり取りが多い方
  • ブロガーやライターの方
  • ブログやSNSをよく使う方

仕事をしている時や文章を書いている時、相手が全てチェックしてくれるわけではないですよね。

このような時に「文賢」はサポートしてくれるツールです。

校閲こうえつ支援」や「推敲すいこう支援」の機能もあるので、文章を書くのが苦手な方にオススメしたいです。

文賢を導入したのは苦手な文章を克服したい

僕は昔から文章を書くのがとにかく苦手です。

  • 誤字脱字がよくある
  • 書くのも時間がかかる
  • うまく伝わらない

仕事でも文章を書くことが多いし、全てチェックしてもらえるわけではありません。

文章を書くのも苦手で、少しでも克服できたらと思い、自分でチェックできるツールを探していました。

導入してからは、仕事やプライベートに使えるので便利なツールです。

「文賢」を導入
仕事やプライベートに

文賢仕事の書類やメールに

仕事の書類
メールに

書類やメールの
文章チェック

文賢ブログやSNSに

ブログ
SNSに

ブログやSNSの
文章チェック

完璧なツールではないけど、チェックしてくれる心強い仲間が増えました。

自分の文章を
チェックしてみよう

校閲(こうえつ)推敲(すいこう)支援で苦手克服!できること5つご紹介

文賢入力画面
文賢画面

Web上の画面で、文章の入力または文章を貼り付けるだけで、チェックができます。

文賢でできることの内容がこちらです。

「文賢」
できること

校閲こうえつ支援機能

推敲すいこう支援機能

③文章表現機能

④アドバイス機能

⑤確認機能

できること5つをご紹介していきますね。

校閲(こうえつ)支援機能

文賢校閲支援画面
校閲画面

文賢の「校閲支援機能」は、校正を含めた日本語間違いを見つけて、チェックしてくれます。

誤字脱字や誤った言葉など、14項目のチェックできます。

  1. 誤字脱字 
  2. 誤った言葉 
  3. 誤った敬語
  4. 気をつけるべき商標と固有名詞
  5. 誤用しやすい言葉
  6. 話し言葉・砕けた表現
  7. 重複表現
  8. 半角カタカナ
  9. 機種依存文字
  10. 差別語・不快語
  11. ポリティカル・コレクトネス
  12. 誤変換しやすい言葉 
  13. さ入れ表現
  14. ら抜き言葉

推敲(すいこう)支援機能

文賢推敲支援画面
推敲画面

文賢の「推敲支援機能」は、文章をより良くするために、改善点がないかをチェックしてくれます。

チェック内容を確認しながら、読みやすくわかりやすい文章にしていくことができます。

漢字、ひらがな、カタカナで書くほうがよい場合など、20項目のチェックができます。

  1. 接続語のハイライト
  2. 接続助詞のハイライト
  3. 指示語のハイライト(あれ、それなどを指摘)
  4. 日付と数字のハイライト(日時や金額を確認)
  5. 記号が全角に統一されていない
  6. 英数字が半角に統一されていない
  7. 一文に読点が4つ以上ある
  8. 50文字以上の文に読点がない
  9. 主述関係が不明瞭
  10. 句点や記号のあとに改行がない 
  11. 句点や記号以外で改行している 
  12. 冗長な表現
  13. 過剰な丁寧語
  14. 二重否定表現
  15. 同じ助詞の連続使用
  16. 同じ文末表現の連続使用
  17. 状況により使い分ける言葉
  18. 漢字で書くほうがよい言葉 
  19. ひらがなで書くほうがよい言葉 
  20. カタカナで書くほうがよい言葉 

③文章表現機能

文章表現画面
文章表現画面

文章表現機能」は、表現をタグやキーワードで検索でき、入力画面に挿入することもできます。

自分では思いつかないことを、見つけることもできる便利機能です。

④アドバイス機能

文賢アドバイス画面
アドバイス画面

作成した文章をチェックリストとして確認することができます。

確認したことは一つひとつチェックできるので、読みやすくわかりやすい文章を目指すことができます。

わかりやすい文章を書くためのチェックリスト、トラブルを防ぐためのチェックリストがあります。

補足説明もあるので、読みながら確認ができます。

  1. 表記揺れはありませんか?
  2. もっと字数を減らせる文章はありませんか?
  3. 箇条書きで整理できる箇所はありませんか?
  4. 「結論→理由→例示→結論(PREP法)」の順を意識していますか?
  5. 「つまり(要するに)」を用いて要約できる箇所はありませんか?
  6. 「たとえば」を用いて具体例を追加できる箇所はありませんか?
  7. 形容詞や副詞を「動詞的表現」に置き換えたほうがよい箇所はありませんか?
  8. 数字で表現できる箇所はありませんか?
  9. 修飾語の位置は適切ですか?
  10. 「音声読み上げ」や「印刷プレビュー」を用いて確認しましたか?
  1. 「前提条件を共有できていない相手」に、誤解を与える内容ではありませんか?
  2. 「過去に主張していた意見」との「一貫性」は問題ありませんか?
  3. 「LGBTQ」などの多様な愛や性の在り方に配慮できていますか?
  4. 「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」だと受け取られる内容ではないですか?
  5. 誰かのプライバシーを侵害していませんか?
  6. 意図せず、誰かにマウントをとるような内容になっていませんか?
  7. 情報を参照する際は、その情報が正しいか「一次情報」に当たりましたか?
  8. 文章を転載する際は、著作権について確認しましたか?
  9. 投稿・発信しようとしているタイミングは問題ないですか?
  10. 個人か組織、どちらの立場での発言かを明確にしていますか?

⑤確認機能

文賢確認画面
確認機能

文賢にはさまざまな確認機能があります。

  • 音声読み上げ
    (0.5~2.5の7段階)
  • 印刷機能
    (指摘部分も一緒に印刷できる)
  • 文字数カウント
  • 漢字の使用率
  • 表示幅の変更
    (スマホ、タブレット、PC確認)
  • 明朝モード
    (明朝体に変更できる)

最後に「音声読み上げ」を機能を使って、おかしな点がないか確認できます。

目視でも確認できますが、見落としている場合もあるので「目視+音声」チェックだとミスも少なくなります。

文賢を使ってみて感じたメリット3つ

文賢を使って感じたメリットがこちらです。

メリット
3つ

チェック時間短縮

自分の癖がわかる

伝わる文章を目指せる

文章の癖がわかったことが、導入して1番よかったところです。

  • チェック時間短縮
    • 導入前:作成しては目視や音読で確認・修正の繰り返し。
    • 導入後:校閲、推敲、音声読み上げで時間短縮。
  • ビジネス文書で自分の癖がわかる
    • 導入前:「~してない」など、話し言葉になっている。
    • 導入後:「~していない」など、チェックして改善。
  • 伝わる文章を目指せる
    • 導入前:苦手なまま、なんとなく書いている。
    • 導入後:校閲、推敲支援で苦手克服。

文賢を使いながら「読みやすくわかりやすい文章」を日々目指しています。

導入する時や文賢を使ってみて感じたデメリット3つ

文賢を導入するときや、使って感じたデメリットがこちらです。

導入検討するとき

無料のお試し期間がない

費用が発生する

無料お試しがないので、機能確認したいときは費用が発生します。
(無料のオンライン説明会参加で数日使うことが可能)

便利ではなかったら解約しようと思っていたけど、現在も使っています。

デメリット
3つ

誤字脱字チェックは完璧ではない
抜けていることもあります

音声読み上げ機能は完璧ではない
※間違って読まれることもあります

自分でもある程度チェックは必要

自分に合った完璧なツールはないと思いますので、自分でもチェックしながらサポートしてもらうような使い方になります。

自分の文章を
チェックしてみよう

文賢の価格は初回に初期費用と更新費用が毎月必要

文賢はクラウドツールなので、契約するとすぐに使うことができます。

料金プランがこちらです。

料金プラン
  • 費用
    • 初期費用:11,880円(税込)
    • 更新費用:2,178円(税込)4ライセンス以下1ライセンスあたり

      ※初回は初期費用+更新費用が必要、次回から更新費用が必要です。
  • お支払いプラン
    • クレジットカード30日更新
    • 銀行振込180日更新
    • 銀行振込1年更新(1ヶ月OFF)
  • まとめ買い割引もあり
    • 5ライセンス以上:1ライセンスあたり5%OFF
    • 15ライセンス以上:1ライセンスあたり10%OFF
    • 30ライセンス以上:1ライセンスあたり15%OFF

導入時は料金が気になったけど、導入してからは仕事やプライベートでも使えるので、気にならなくなりました。

スマホ代よりは安いので、文章が苦手な方にオススメしたいツールです。

自分の文章を
チェックしてみよう

1年間使った「感想」文章に自信が持てるように

文賢でお仕事
仕事の書類

昔から文章が苦手なので、試しに「文賢」を導入し1年間使ってみました。

いぐねこ

使ってみると徐々に自信が持てるようになってきましたよ。

  • チェックの質が向上
  • チェックバックが少なくなった
  • 作業時間短縮
  • 文章を書くことが好きになれた
  • 仕事も不安なく取り組める
  • ブログもしていますが、企業からの問い合わせがくるように

使ってみることで「自分の癖」など、新たな発見ができたりします。

文章を作成して「文賢」でチェックできるけど、文章が思いつかないときもあったりしますよね。

オススメのツールもありますので、ご紹介したいと思います。

文賢xAIライティング「Catchy」で効率よく

Catchy」は自動でライティングを行ってくれるツールです。

仕事で文章が思いつかないとき、アイデアを入力するとAIが自動で文章を作ってくれます。

参考程度の文章にはなりますが、用途に応じて100種類以上の生成ツールが使えるので仕事やプライベートに便利です。

いぐねこ

Freeプランは「無料で数回」使うことができますよ。

10クレジットまで無料

さいごに:文章をチェックして書くことが好きになる

文賢は100を超える視点から文章をチェックして、改善点を提案してくれます。

  • 文章を書くのが苦手
  • 読みやすくわかりやすい文章を書きたい
  • 文章をチェックしたい

このようなお悩みがある場合は文賢を使うと、できる機能もいろいろあります。

「文賢」
できること

校閲こうえつ支援機能

推敲すいこう支援機能

③文章表現機能

④アドバイス機能

⑤確認機能

完璧なツールではないけど、チェックの負担も軽減しアドバイスもしてくれます。

気がつくとツール内のチェックも少なくなり、文章力が向上したら嬉しいですよね。

自分の文章を
チェックしてみよう

いぐねこ

最後まで読んでいただきありがとうございました。