RankTrackerの料金とおすすめ機能!SEOツールでサイトを最適化

Rank tracker料金
お悩み人

Rank Trackerを使ってみたいけど、どんなことができるのかな?
初心者でもうまく使えるかな?

このようなお悩みありませんか?

ブログを始めてどの検索順位チェックツールを導入するか迷ってしまいますよね。

いぐねこ

僕はブログ初心者からRank Trackerを導入して使っていますので、ご紹介しますね。

この記事でわかること
  • Rank Trackerの料金プラン
  • Rank Trackerを使った体験談
  • Rank Trackerのオススメ機能
  • Rank Trackerの導入手順

あなたのブログ、最適なキーワード順位はしっかりチェックしていますか?

毎日のキーワード順位の変動を追い続けるのは、確かに大変。

しかし、そこでRank Trackerが役立ちます!

この記事では、Rank Trackerの料金プランの中で特におすすめのものと、ブログ成長に直結する3つの機能を深掘りします。

検索順位チェックツールを導入しようと思っている方は参考にしてみてくださいね。

書いた記事の
\キーワードチェック/

この記事を書いた人
イグネコ
いぐねこ

2018年5月にブログを始めました。
検索から68記事で月間1万PV達成、ブログ収入はSEOから月6桁達成。

イグネコブログ(手作り画像のブログ)を運営しています。

この記事を書いた人
イグネコ
いぐねこ

2018年5月にブログを始めました。
検索から68記事で月間1万PV達成、ブログ収入はSEOから月6桁達成。
イグネコブログ(手作り画像のブログ)を運営しています。

確認したいところから読める目次

初心者からRankTrackerを導入した感想

Rank trackerでpv数増やす
キーワードチェックは必須

ブログを始めて記事を書くと、いつアクセスが来るのか、そして収益化できるかなど楽しみがいっぱいです。

でも、そのアクセスっていつくるの?と気になるところですよね。

例えば、記事公開後の順位がグングン上がってくると、「そろそろアクセスの予感がする!」と楽しみにできます。

逆に、記事を書いても順位がわからない場合は、「いつ頃アクセスあるの?」となりますよね。

検索順位チェックツールを導入すると、このあたりのモヤモヤは解消されます。

「RankTracker」を導入しての感想がこちらです。

RankTracker導入すると
  • Google、Yahoo!、Bingの順位がわかる
  • ランキングキーワードがわかる
  • 競合分析ができる
    • 競合サイトのキーワードも発見
  • ドメイン強度もわかる

記事の書き方が悪いのかな?
Rank Trackerだと修正したらどうなるか日々確認できる

競合が強くて上位になれないのかな?
Rank Trackerだと競合の強さも確認できる

どんなキーワードで順位ついているのだろ?
Rank Trackerだとキーワード調査でわかる

確認していないと、ブログを始めても「わからない」ばかり増え、だんだんとブログ諦めてしまいますよね。

この部分は特にRankTrackerを使ってみると、解決できた部分です。

キーワドを決めて記事を書いていると思いますので、キーワードのチェックが必要になるというわけです。

SEOから流入を増やしていきたい。

そう思う方は、Rank Trackerはとにかく心強い相棒になってくれるのです。

他の検索順位チェックツールじゃダメなの?

他の検索順位チェックツールも当然ありますが、RankTrackerなら無制限で利用できるところ、機能としてできることが多いです。

参考比較

公式
サイト
タイプ登録
サイト
キーワード数検索数
表示
自動
計測
調査
内容
デバイス無料範囲
Rank Trackerインス
トール
無制限無制限
PC起動時
Google
Yahoo!
Bing
Win
Mac
その日の順位
競合調査
GRC インス
トール
5
サイト
から
500から
手動

PC起動時
Google
Yahoo!
Bing
Win
Mac
10
キーワード
まで
Nobilistaクラウド3
サイト
から
150から
毎日
Google
Yahoo!
Bing
PC
スマホ
7日間
無料
▶横にスクロールできます

記事を書くと、順位を確認したいキーワード数も当然増えてくるので、追加料金が発生すると高くなってしまいますよね。

検索順位チェックツールの早期導入のすすめ

多くの人がブログを始めたばかりの段階では検索順位チェックツールは必要ないと考えがちですが、早期の導入を推奨します。

その主な理由は、GoogleやYahoo!からの訪問者が増えるまで時間がかかることに対し、Bingからは比較的早くアクセスを獲得できるからです。

実際に僕が運営する複数のブログで、初期段階ではBingからの訪問者が最も多い傾向にあります。

特にビジネス関連のサイトにおいては、多くの企業が使用するMicrosoft製品がBingをデフォルトの検索エンジンとして設定しているため、このチャンスを活かすことができます。

早期に検索順位チェックツールを導入することで、訪問者の獲得傾向を把握し、効果的なSEO対策を計画的に進めることが可能になります。

RankTrackerの料金とおすすめプラン

インストールするのは無料ですが有料版を動かすには、ライセンスキーを購入する必要があります。

いぐねこ

個人ブロガーには、「PROFESSIONAL」がオススメです。

Rank Tracker
料金プラン

公式サイト無料ライセンスPROFESSIONAL
オススメ
ENTERPRISE
Rank Tracker無料24,199円/年(税込)
(月にすると2,016円)
57,199円/年(税込)
(月にすると4,763円)
▶公式サイトより2024年4月の金額

価格は日本円にしたときの価格になりますので、変動があると料金も変わってきます。

各プラン比較

各プラン比較

無料版は競合チェックはできるけど、自分が狙っているキーワード順位を追っていけません。

書いた記事の
\キーワードチェック/

無料版は保存ができない

無料版は機能が限られるけど、試しにどんなものか使うことができます。

Rank Tracker無料版できること

無料版(お試しに)

  • ターゲットキーワード
    • その日のキーワード順位
  • キーワード調査
    • 競合や自サイトのランキングページ
    • 競合と自分との比較
    • 競合の検索上位がわかる
  • 競合他社の研究
    • 一部競合のみわかる
  • SERP 分析
    • キーワード難易度の確認
  • ドメイン強度
  • 保存ができない
    (毎回設定が必要)

保存ができないので、毎日使いたい場合は有料版がオススメです。

RankTrackerのオススメ機能を3つ解説

Rank Trackerオススメ機能!

記事を書いて
PV数を増やす

Rank Trackerにはオススメしたい機能がいくつかあります。

オススメ機能
  1. キーワード調査
    • ランキングキーワード
    • キーワードギャップ
    • 検索コンソール
    • キーワードプランナー
    • オートコンプリートツール
      関連する検索
  2. SERP 分析
  3. 競合他社の研究
    • ドメインの競合他社
    • トピックの競合他社
    • Top Pages

オススメ機能もたくさんあるので、記事を書く前にいろいろ調査ができます。

書いた記事の
\キーワードチェック/

①キーワード調査の内容

これから記事を書こうと思う場合に調査できるので便利です。

項目機能
ランキング
キーワード
自分のサイト、競合サイト
収集したキーワード数
・訪問者の想定数
・キーワード、ランキング、検索数
・競合性、キーワード難易度
キーワード
ギャップ
自分のサイトと競合サイトのキーワードを比較
足りないキーワードがわかる
検索
コンソール
Googleアナリティクス
Googleサーチコンソールの内容が確認できる。
キーワード
プランナー
入力したキーワードの確認ができる
検索数
・予想される訪問数
・競合性
・難易度
オート
コンプリート
ツール
関連する検索
キーワード + 〇〇で提示してくれる
▶横にスクロールできます

②SERP分析

キーワードの難易度と競合サイトの強さがわかります。

検索ボリュームのあるキーワードでも、ドメインパワーがあるサイト、ないサイトが上位になっていることもあります。

しっかり調査し頑張ると上位になれるかもしれません。

項目機能
SERP
分析
キーワードの難易度や競合サイトの強さがわかる
▶横にスクロールできます

③競合他社の研究

競合についても研究できる機能があります。

項目機能
ドメイン
競合他社
同じキーワードの競合を教えてくれます
また競合の独自キーワードもわかります
トピック
競合他社
キーワードを入力すると競合サイトを教えてくれます
Top Pages競合サイトを入力するとキーワードがわかります
▶横にスクロールできます

RankTrackerを導入して良かったこと(メリット)

僕はブログ初心者の頃にRank Trackerを導入しました。

Rank Trackerを導入しよと思った理由は、有名ブロガーも使っていたからです。

使っている方も多く「情報がたくさんある」のもメリットの一つです。

Rank Trackerを導入してから、ブログも成長するようになりました。

ブログ記事数

競合サイトのキーワードがわかる

Rank trackerで競合調査
競合サイトもわかる

ドメイン名を入力するだけで、競合を教えてくれます。

  • 自分に足りないキーワードなど把握できる

競合は狙っているけど、自分はまだ狙えていないキーワードもわかるので、記事ネタも困らなくなります。

自分のランキングキーワードもわかる

キーワード順位がわかる

ドメイン名を入力するだけで、ランクインしているキーワードを教えてくれます。

  • 自分または競合のキーワード100位まで

狙っているキーワードとは別キーワードも確認できるので、見出しに追加したり関連記事を作成したり。

次の対策もできるので、ブログが成長するようになった理由でもあります。

記事作成に自信がついた

記事作成していると、キーワードで順位がつくか、検索から流入があるのか心配になることがあります。

ランクインしているキーワードも記事を書くと増えていきます。

いぐねこ

クラウド型は自分が追加した順位しか確認できないので、いろんなキーワードで順位がつくことを知ることで記事作成も自信がつきますよ。

PV数が増えるようになった

Rank Trackerを導入し機能をフル活用することで、僕は68記事で1万PVを達成することができました。

ライティングスキルは、まだまだ伸ばしていかないといけませんが、PV数が増えるとブログ運営も自信になりますよね。

ブログ1日1000pv

RankTrackerの導入が不安に思うこと(デメリット)

導入するとメリットに感じることも多いですが、導入する決意ってこのツール以外でもハードルが高い場合がありますよね。

RankTrackerの導入が
デメリットに感じること
  1. 年払いなので費用が気になること
  2. 海外の検索順位チェックツールなので心配

月額であれば必要にならなくなると解約できるけど、RankTrackerは年払いで更新していくツールです。

はやく収益化できるために導入するツールでもあるので、自己投資として頑張るきっかけにもなります。

また海外のチェックツールで心配なこともありますが、日本のブロガーさんも多くの人が使っています。

いぐねこ

情報もたくさんあるんですよ。

費用面が気になることはありますが、ブログ成長のきっかけにもなるツールなので、おすすめではあります。

RankTrackerにおすすめな人はしっかり確認したい方

検索順位チェックツールは、インストール型とクラウド型がありますが、Rank Trackerはインストール型になります。

何を求めるかによって違うのですが、クラウド型は手軽にスマホから順位確認したい目的だけならオススメです。

順位確認したら終わりなので「今日も順位上がってない」の確認で終了。

一方でRank Trackerは順位確認はもちろんのこと、キーワード調査、SERP分析、競合他社研究、ドメイン強度なども確認できます。

クラウド型は手軽に順位確認できるけど、ブログはスマホだけで作業するわけではありません。

PCで順位確認すると次の行動もできるので、インストール型のRank Trackerをオススメしています。

ただ順位確認して終わるか、競合サイト研究などもしてみるのか。

この差はブログ運営していると大きいです。

競合は順位確認したら終わりではないし、あなたが獲得しているキーワードも狙ってきますよ。

簡易比較

料金確認機能手軽さキーワード数チェック競合調査
インストール型
(Rank Tracker)
24,199円/年
月額2,016円
PC無制限Google
Yahoo!
Bing
クラウド型
(Nobilistaなど)
990円/月スマホ
PC
150Google
Yahoo!
Bing
▶表は横にスクロールできます

書いた記事の
\キーワードチェック/

Rank Trackerの導入手順と自サイトの設定

Rank Tracker公式サイトから、無料でダウンロードできます。

無料版はお試しで、機能を確認したい場合などに便利です。

パソコンは、MacとWindowsで使えます。
(スペックが低いとWindowsだとかなり動作が遅くなりました)

導入手順

導入内容
導入内容

公式サイトから名前とメアドを入力

Rank trackerダウンロード手順2
導入内容

Rank Trackerをインストール

サイト設定手順

サイト設定

Rank Trackerにサイト登録

Rank trackerにサイト登録1
サイト設定

Rank Trackerにキーワードを入力

Rank trackerキーワード入力
サイト設定

Rank Trackerで検索エンジンの設定

Rank tracker検索エンジン設定手順1

このような流れになります。

それでは一つひとつ解説していきますね。

導入手順①:公式サイトにアクセス

Rank trackerダウンロード手順1

Rank Tracker公式サイトにアクセスすると①Rank Trackerをクリック。

日本語になっていない場合は、右上でJPNをクリックすると日本語になります。

導入手順②:名前とメールアドレス入力

Rank trackerダウンロード手順2

②名前とメアドを入力し、③の「ダウンロードボタン」をクリック。

下記のような画面にかわります

Rank trackerダウンロード手順3

ダウンロードが勝手にはじまるので、数分待ちましょう。

導入手順③:インストール

ダウンロードされたデータを開いて、言語選択になるので「日本」を選択。

後は手順にそっておこなうと、インストールが完了します。

インストールが完了したら、Rank Trackerを起動。

↑こんなアイコンを探して、ダブルクリックすると起動します。↑

サイト設定①:サイトを登録

起動するとサイト登録の入力が必要です。

下記のように、ご自身のサイトURLを入力して「次へ」をクリックします。

Rank trackerにサイト登録1

画像右下の「エキスパートオプションを有効にする」を選択すると、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールに提携できるようになります。

エキスパートプションを有効にする」を選択すると、下記のような画面になります。

Rank trackerにサイト登録2

後で設定もできるので、飛ばしても大丈夫です。

サイト設定②:キーワードを入力

順位を計測したいキーワードを入力していきます。

Rank trackerキーワード入力

入力を忘れたキーワードについては、後から追加できるので大丈夫です。

入力が終われば「次へ」をクリックします。

サイト設定③:検索エンジンの設定

最初はUSAになっているので、左上の「さらに検索エンジンを追加する」をクリック。

Rank tracker検索エンジン設定手順1

右に画面が出てくるので「Japan」を探します。

Rank tracker検索エンジン設定手順2

Google、Bing、Yahooがあるので、追加したい検索エンジンの「+」をクリックすると追加されます。

Rank tracker検索エンジン設定手順3

USAが必要ではない場合は「×」をクリックすると削除できます。

Rank tracker検索エンジン設定手順4

検索エンジンの選択ができたら「完了」をクリックすると、設定はこれで終わりです。

そうすると下記のような画面になります。

Rank tracker検索エンジン設定手順5

それぞれの検索エンジンで、入力したキーワードの順位を教えてくれます。

無料版は保存ができない

Rank tracker無料版保存できない

無料版で保存をすると下記の画面になります。

いろいろ確認したい時は、有料版がオススメです。

RankTrackerの使い方!毎日キーワードのチェックをしよう

無料版はその日の順位は知れるけど、保存ができないので有料版がオススメです。

最初から確認できる機能
Rank tracker使い方
Rank Tracker使い方
  1. キーワードとランキング
  2. ランキング進捗
  3. ランキング詳細
  4. トップ10内のキーワード
  5. オーガニックトラフィック

このままでも使っていけるけど新しいワークスペースで、計測したい情報をカスタマイズできます。

① 新しいワークスペースを作成

右上の「+」をクリックするとワークスペースが追加されます。

Rank tracker新しいワークスペース設定
新しいワークスペースを作成
計測情報
Rank tracker設定
Rank Tracker設定
  • キーワード情報
  • Google rankings
  • Bing rankings
  • Yahoo rankings
  • 可視性
  • SEO分析
  • キーワードの難易度
  • PPC分析
  • オーガニックトラフィック
  • グーグル検索コンソール

計測したい情報を追加すると、下記のように新しいワークスペースが追加されます。

②キーワードを毎日チェック

キーワードを追加して、どんどんチェックしていきましょう。

Rank trackerキーワードチェック
キーワードチェック
分かること
  • 順位が上がったキーワード
  • 順位が下がったキーワード
  • 新規記事のキーワードで順位がつくタイミング
  • 全く順位がつかないキーワード

僕はこんな内容をチェックしながら、順位が下がってきたらリライトして再び確認しています。

右上の「すべてチェックする」をクリックすると、計測がスタートします。

スケジュールの予約もできる

環境設定」「scheduled Tasks &Alerts」で設定できます。

スケジュール予約
スケジュール予約
できる機能
  1. 検索エンジンのランキングを確認
  2. キーワードデータを更新
  3. ドメインの強度の更新
  4. レポート公開する
  5. データをエクスポートする

自動的にデータの取得ができるので便利です。

③ランキングキーワードを確認

自サイトのドメイン、URLを入力すると、ランクインしているキーワードの発見ができます。

狙っているキーワードの他に「別のキーワード」でランクインしていることもあります。

また競合サイトのキーワードの確認もできます。

キーワードも登録でき順位を追っていけるので、すごく便利な機能です。

Rank trackerランキングキーワード
ランキングキーワード

10、20、50、100位で見つけられるので、集客できそうなキーワードの確認ができます。

  • 順位が伸びないキーワードをリライト
  • ランクインしているキーワードで集客につなげています

④ドメイン強度、被リンクもチェック

ブログを始めたばかりだと「0.00」だけど、記事を書いていくとブログが成長していると感じることもできます。

Rank tracker被リンク
ドメイン強度確認

ドメイン強度は「0~10」での評価です。

被リンクもチェックできます。

Rank tracker被リンク
バックリンク確認

画面左上の「バックリンク」で被リンク数が確認できます。

ドメインパワーがなくても検索上位も取れるので参考にしてくださいね。

ドメインパワー上がらない

さいごに:キーワードをチェックしてアクセスを集めよう

ブログを始めると検索順位チェックツールは必須です。

Rank Trackerなら、心強い相棒になってくれます。

検索からアクセスがない
  • 記事の書き方が悪いのかな?
  • Rank Trackerだと修正したらどうなるか日々確認できる

  • 競合が強くて上位になれないのかな?
  • Rank Trackerだと競合の強さも確認できる

  • どんなキーワードで順位ついているのだろ?
  • Rank Trackerだとキーワード調査でわかる

検索順位チェックツールを使っていなかったら、おそらく半年くらいで「ブログ辞めていた」と思います。

ブログで収益化を目指すなら、SEOからの流入を増やしていくことが大切です。

Rank Trackerを使って、ブログ収益化を加速させていきましょう。

ブログ収入始め方
ブログ初心者やること

書いた記事の
\キーワードチェック/

いぐねこ

最後まで読んでいただきありがとうございました。