Rank Tracker(ランクトラッカー)使い方や料金プランをご紹介!導入してブログも成長しました

Rank Tracker使い方
お悩み人
Rank Trackerを使ってみたいけど、使い方や料金が知りたいな。初心者でも導入した方が良いのかな?

このようなお悩み解決できたらと思います。

記事の内容
  • Rank Trackerの使い方を知りたいな
  • Rank Trackerの料金が知りたいな
  • Rank Trackerのダウンロード方法が知りたいな
いぐねこ
僕はブログ初心者からRank Trackerを導入しました。導入してからはブログが成長したので使ってよかったです。

それでは、僕がRank Trackerを導入してブログが成長したことや、ダウンロード方法設定使い方料金プランについてご紹介していきます。

はじめに:なんで検索順位チェックツールが必要?

いぐねこ
記事を書くと、その後どうなるの?

こんな疑問を持っていたので、検索順位チェックツール(Rank Tracker)を導入したのです。

ブログで稼ごうと思うと、SEOからの流入を増やしていくことが大切です。

キーワードを決めて記事を書き、そのキーワードで上位を獲得する必要がありますよね。

そうすることで「○○ ○○」と検索した読者様が、自サイトを見てくれるようになり、検索上位が獲得できるとブログ収入につながります。

SEOから流入を増やしていきたい。そう思う方は、Rank Trackerはとにかく心強い相棒になってくれるのです。

Rank Trackerのダウンロード方法

公式サイトにアクセスすると、無料でダウンロードして使うことができます。

無料版は、お試しで機能を確認したい場合などに便利です。

Macの方が動作が安定するけど、Windowsでも一応使えます。
(スペックが低いと、Windowsだとかなり動作が遅くなるので注意が必要です。)

ダウンロード
  1. Rank Trackerをクリック
  2. 名前とメアドを入力
  3. ダウンロードボタンをクリック
  4. インストール
  5. 有料版購入(ライセンスキー)

このような流れになります。

ダウンロード手順①

公式サイトにアクセスすると①Rank Trackerをクリック。

日本語になっていない場合は、右上でJPNをクリックすると日本語になります。

ダウンロード手順②

②名前とメアドを入力し、③の「ダウンロードボタン」をクリック。

↓下記のような画面にかわります。

ダウンロードが勝手にはじまるので、数分待ちましょう。

ダウンロード手順③

ダウンロードされたデータを開いて、言語選択になるので「日本」を選択。

後は手順にそって行うと、インストールが完了します。

インストールが完了したら、Rank Trackerを起動。

↑こんなアイコンを探して、ダブルクリックすると起動します。↑

Rank Trackerに自サイトを設定

設定も難しくないので、Rank Trackerの設定内容についてご紹介します。

設定内容
  1. サイト登録
  2. キーワードを入力
  3. 検索エンジンの設定

サイトを登録

起動するとサイト登録の入力が必要です。

下記のように、ご自身のサイトURLを入力して「次へ」をクリックします。

ランクトラッカーサイト登録

画像右下の「エキスパートオプションを有効にする」を選択すると、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールに提携できるようになります。

「エキスパートプションを有効にする」を選択すると、下記のような画面になります。

後で設定もできるので、飛ばしても大丈夫です。

キーワードを入力

順位を計測したいキーワードを入力していきます。

入力を忘れたキーワードについては、後から追加できるので大丈夫です。

入力が終われば「次へ」をクリックします。

検索エンジンの設定

最初はUSAになっているので、左上の「さらに検索エンジンを追加する」をクリック。

右に画面が出てくるので「Japan」を探します。

Google、Bing、Yahooがあるので、追加したい検索エンジンの「+」をクリックすると追加されます。

USAが必要ではない場合は「×」をクリックすると削除できます。

検索エンジンの選択ができたら「完了」をクリックすると、設定はこれで終わりです。

そうすると下記のような画面になります。

それぞれの検索エンジンで、入力したキーワードの順位を教えてくれます。

Rank Trackerの使い方

設定が終わるとその日の順位は知れるけど、保存ができないので有料版がおすすめです。

最初から確認できる機能
  1. キーワードとランキング
  2. ランキング進捗
  3. ランキング詳細
  4. トップ10内のキーワード
  5. オーガニックトラフィック

このままでも使っていけるけど新しいワークスペースで、計測したい情報をカスタマイズできます。

 新しいワークスペースを作成

右上の「+」をクリックするとワークスペースが追加されます。

計測情報
  • キーワード情報
  • Google rankings
  • Bing rankings
  • Yahoo rankings
  • 可視性
  • SEO分析
  • キーワードの難易度
  • PPC分析
  • オーガニックトラフィック
  • グーグル検索コンソール

計測したい情報を追加すると、下記のように新しいワークスペースが追加されます。

キーワードを毎日チェック

キーワードを追加して、どんどんチェックしていきましょう。

ランクトラッカーキーワードチェック
分かること
  • 順位が上がったキーワード
  • 順位が下がったキーワード
  • 新規記事のキーワードで順位がつくタイミング
  • 全く順位がつかないキーワード

僕はこんな内容をチェックしながら、順位が下がってきたらリライトして再び確認しています。

右上の「すべてチェックする」をクリックすると、計測がスタートします。

スケジュールの予約もできる

環境設定」「scheduled Tasks &Alerts」で設定できます。

できる機能
  1. 検索エンジンのランキングを確認
  2. キーワードデータを更新
  3. ドメインの強度の更新
  4. レーポート公開する
  5. データをエクスポートする

自動的にデータの取得ができるので便利です。

ランキングキーワードを確認

自サイトのドメイン、URLを入力すると、ランクインしているキーワードの発見ができます。

狙っているキーワードの他に「別のキーワード」でランクインしていることもあります。

キーワードも登録でき順位を追っていけるので、すごく便利な機能です。

10、20、50、100位で見つけられるので、集客できそうなキーワードの確認ができます。

  • 順位が伸びないキーワードをリライト。
  • ランクインしているキーワードで集客につなげています。

ドメイン強度、被リンクもチェック

ブログを始めたばかりだと「0.00」だけど、記事を書いていくとブログが成長していると感じることもできます。

ドメイン強度は「0~10」での評価です。

 

被リンクもチェックできます。

画面左上の「バックリンク」で被リンク数が確認できます。

無料版は保存ができない

無料版で保存をすると下記の画面になります。

いろいろ確認したい時は、有料版がおすすめです。

【有料版】Rank Trackerの料金プラン

公式サイトにアクセスし「Rank Tracker」「注文」をクリックすると料金が表示されます。

価格
  1. 無料ライセンス
  2. PROFESSIONAL←個人ブロガーにおすすめ
    $163.9/年($149+$14.9)
    約18,616円(税込)/年
  3. ENTERPRISE
    $383.9/年($349+$34.9)
    約43,604円(税込)/年

無料版だと使用できる機能が少ないです。

個人ブログであれば有料のPROFESSIONAL(プロフェッショナル)版がおすすめです。

補足

  • 料金が気になる場合は無料版から使ってみて、物足りない場合は有料版に切り替えでも良いと思います。

有料版の購入方法

有料版を購入するとメールに「ライセンスキー」が送られてきます。

名前、メアド、決済内容を入力する必要がありますが、とくにログインする必要もないので、最小限の入力のみです。

Rank Trackerに入力

購入すると下記のようにメールで「登録者と登録キー」が送られてきます。

Rank Trackerの「ヘルプ」「情報を登録」で、登録者、登録キーを入力したら完了です。

さいごに:SEOキーワードをチェックしてアクセスを集めよう

Rank Trackerのダウンロード方法、設定、使い方、価格の紹介になりました。

検索順位チェックツールを使っていなかったら、おそらく半年くらいで「ブログ辞めていた」と思います。

ブログで稼ごうと思うと、SEOからの流入を増やしていくことが大切です。

当ブログでも「ブログノウハウ」のことも記事にしていますので、参考になればと思います。

いぐねこ
最後まで読んで頂きありがとうございました。