【Rank Tracker】使い方!毎日検索順位チェックが楽しくなる

Rank Tracker使い方
お悩み人
Rank Trackerを使ってみたいけど、使い方が知りたいな。
初心者でもうまく使えるかな?

ブログをはじめるとキーワードのチェックはとても大事です。

いぐねこ
僕はブログ初心者からRank Trackerを導入しました。
導入してからはブログが成長したので使ってよかったです。
この記事の内容

(記事内の該当箇所に飛びます)

それでは、僕がRank Trackerを導入してブログが成長したことや使い方についてのご紹介です。

検索順位チェックツールが必要な理由

Rank Tracker導入すると

ブログを始めると記事を書かないといけません。

記事を書いても検索からアクセスがないと「なぜ?」となりますよね。

検索からの流入がない
  • 記事の書き方が悪い?
    →修正したらどうなるだろ
  • 競合が強くて上位になれない
    →違うキーワードならどうなるだろう
  • キーワードの順位がついていない
    →内容を追加したらどうなるだろう

キーワ―ドを決めて記事を書いていると思いますので、キーワードのチェックが必要になるというわけです。

いぐねこ
この記事なら、このくらいの順位になれるかな。

検索順位チェックツールを使いブログ運営していると、だんだんとわかってくるようになります。

SEOから流入を増やしていきたい。

そう思う方は、Rank Trackerはとにかく心強い相棒になってくれるのです。

 

キーワードの順位は日々変わっている

人間は休みがあるけど、ブログは記事を書くと365日稼働してくれます。

いきなりアクセス数が下がると焦ってしまうことがありますよね。

順位をチェックすると原因もわかるので、キーワード順位チェックはとても大切なのです。

 

Rank Tracker無料版と有料版の違い

無料版は機能が限られるけど、試しにどんなものか使うことができます。

導入手順は別の記事でご紹介しています。
≫【Rank Tracker】導入してアクセスUP!導入手順と料金プランのご紹介

無料版と有料版の違い

無料版(お試しに)

  • ターゲットキーワード
    (その日のキーワード順位)
  • キーワード調査
    (競合や自サイトのランキングページ)
    (競合と自分との比較)
    (競合の検索上位がわかる)
  • 競合他社の研究
    (一部競合のみわかる)
  • SERP Analysis
    (キーワード難易度の確認)
  • ドメイン強度
  • 保存ができない(毎回設定が必要)

 

有料版(本格的に)

  • 無料版の全機能
  • キーワードの順位を保存してずっと計測

有料版はライセンスキーを購入する必要があります。

無料版は競合チェックはできるけど、自分が狙っているキーワード順位を追っていけません。

ブログ運営するには有料版がおすすめです。

 

Rank Trackerの使い方!毎日キーワードのチェックをしよう

無料版はその日の順位は知れるけど、保存ができないので有料版がオススメです。

最初から確認できる機能

Rank Tracker使い方クリックで拡大

  1. キーワードとランキング
  2. ランキング進捗
  3. ランキング詳細
  4. トップ10内のキーワード
  5. オーガニックトラフィック

このままでも使っていけるけど新しいワークスペースで、計測したい情報をカスタマイズできます。

 

① 新しいワークスペースを作成

右上の「+」をクリックするとワークスペースが追加されます。

Rank Tracker新しいワークスペース設定
計測情報

クリックで拡大

  • キーワード情報
  • Google rankings
  • Bing rankings
  • Yahoo rankings
  • 可視性
  • SEO分析
  • キーワードの難易度
  • PPC分析
  • オーガニックトラフィック
  • グーグル検索コンソール

計測したい情報を追加すると、下記のように新しいワークスペースが追加されます。

 

②キーワードを毎日チェック

キーワードを追加して、どんどんチェックしていきましょう。

Rank Trackerキーワードチェック
分かること
  • 順位が上がったキーワード
  • 順位が下がったキーワード
  • 新規記事のキーワードで順位がつくタイミング
  • 全く順位がつかないキーワード

僕はこんな内容をチェックしながら、順位が下がってきたらリライトして再び確認しています。

右上の「すべてチェックする」をクリックすると、計測がスタートします。

 

スケジュールの予約もできる

環境設定」「scheduled Tasks &Alerts」で設定できます。

できる機能
  1. 検索エンジンのランキングを確認
  2. キーワードデータを更新
  3. ドメインの強度の更新
  4. レーポート公開する
  5. データをエクスポートする

自動的にデータの取得ができるので便利です。

 

③ランキングキーワードを確認

自サイトのドメイン、URLを入力すると、ランクインしているキーワードの発見ができます。

狙っているキーワードの他に「別のキーワード」でランクインしていることもあります。

また競合サイトのキーワードの確認もできます。

キーワードも登録でき順位を追っていけるので、すごく便利な機能です。

Rank Trackerランキングキーワード

10、20、50、100位で見つけられるので、集客できそうなキーワードの確認ができます。

  • 順位が伸びないキーワードをリライト。
  • ランクインしているキーワードで集客につなげています。

 

④ドメイン強度、被リンクもチェック

ブログをはじめたばかりだと「0.00」だけど、記事を書いていくとブログが成長していると感じることもできます。

Rank Trackerドメインパワー

ドメイン強度は「0~10」での評価です。

 

被リンクもチェックできます。

Rank Tracker被リンク

画面左上の「バックリンク」で被リンク数が確認できます。

 

Rank Trackerのおすすめ機能

さきほどご紹介した内容の他にもオススメ機能がたくさんあります。

オススメ機能

キーワード調査

  • ランキングキーワード
  • キーワードギャップ
  • 検索コンソール
  • キーワードプランナー
    オートコンプリートツール
    関連する検索

SERP Analysis

競合他社の研究

  • ドメインの競合他社
  • トピックの競合他社
  • Top Pages

オススメ機能もたくさんあるので、記事を書く前にいろいろ調査ができます。

 

キーワード調査の内容

これから記事を書こうと思う場合に調査できるので便利です。

項目機能
ランキングキーワード自分のサイト、競合サイト

  • 収集したキーワード数
  • 訪問者の想定数
  • キーワード、ランキング、検索数
  • 競合性、キーワード難易度
キーワードギャップ自分のサイトと競合サイトのキーワードを比較

  • 足りないキーワードがわかる
検索コンソール
  • Googleアナリティクス、Googleサーチコンソールの内容が確認できる。
  • キーワードプランナー
    (調べたいキーワードを入力)
  • オートコンプリートツール、関連する検索
    (キーワード + ○○を提示)
入力したキーワードの確認ができる

  • 検索数
  • 予想される訪問数
  • 競合性
  • 難易度

 

SERP Analysis

キーワードの難易度と競合サイトの強さがわかります。

検索ボリュームのあるキーワードでも、ドメインパワーがあるサイト、ないサイトが上位になっていることもあります。

しっかり調査し頑張ると上位になれるかもしれません。

項目機能
SERP Analysis
  • キーワードの難易度や競合サイトの強さがわかる

 

競合他社の研究

競合についても研究できる機能があります。

項目機能
ドメインの競合他社
  • 同じキーワードの競合を教えてくれます
  • また競合の独自キーワードもわかります
トピックの競合他社
  • キーワードを入力すると競合サイトを教えてくれます
Top Pages
  • 競合サイトを入力するとキーワードがわかります

 

 

さいごに:SEOキーワードをチェックしてアクセスを集めよう

Rank Trackerの使い方のご紹介になりました。

検索順位チェックツールを使っていなかったら、おそらく半年くらいで「ブログ辞めていた」と思います。

ブログで稼ごうと思うと、SEOからの流入を増やしていくことが大切です。

いぐねこ
最後まで読んで頂きありがとうございました。